ミマワリ
マイナンバー対策・情報漏洩防止 不正利用を防ぎます 企業や教育機関、自治体、ショールームで利用

製品概要

昨今のセキュリティ対策は多岐にわたります。また、マイナンバー制度がはじまり組織の規模にかかわらずより強固な対策が重要になってきております。では、「いざ対策を」となった時に、どこを守ればよいのでしょうか。外部から脅威がやってくる場合もあれば、内部から情報が洩れる場合もございます。ミマワリはそんな内部のセキュリティを高めるアプリケーションです。機能を少しずつ積み上げていることにより、低コストでの提供を実現しております。これまでに企業や、小中高等学校や大学等の教育機関、県庁や市役所等の自治体、博物館やショールームなどでご利用いただいています。


管理用ライセンス(マネージャー)+クライアントライセンス

特徴

ミマワリを導入することにより、コンピューターの利用状況の把握や不正利用を防止・抑止が望まれます。総合管理画面により管理者の作用負担を軽減します。


管理用ライセンス(マネージャー)+クライアントライセンス

シンプルなユーザーインターフェースにより直観的な操作が可能


管理用ライセンス(マネージャー)+クライアントライセンス

少ない負荷で監視やログの収集を行います


管理用ライセンス(マネージャー)+クライアントライセンス

メニューの項目や表示するクライアントの情報などカスタマイズ可能


管理用ライセンス(マネージャー)+クライアントライセンス

管理者側(マネージャー)はWindows7、8、10などのOSで運用が可能*運用方法や目的によって必要になります



動作環境

Microsoft Windows 10 Home

Microsoft Windows 10 Pro

Microsoft Windows 10 Enterprise

Microsoft Windows 10 Education

Microsoft Windows 8.1

Microsoft Windows 8.1 Pro

Microsoft Windows 8 Enterprise

Microsoft Windows Server 2012 R2

Microsoft Windows Server 2012


※OSは32Bitおよび64Bit日本語版であること

※シンクライアントに対応(ネットブート、仮想デスクトップ等)


ネットワーク環境

マネージャーとクライアント間においてTCPおよびUDPでの通信が可能なネットワーク環境(IPv4)と適切な設定がなされたVPN環境でもご利用いただけます。



ハードウェア環境

・TCP/IPによる通信が可能なネットワーク装置(NIC)

・1024*768(XGA) 以上の表示環境(コントローラー側のみ)

・空き容量300MB以上のハードディスク装置

・512MB以上の空きメモリ



ネットワーク環境

コントローラーとクライアント間において、TCPおよびUDPでの通信が可能なネットワーク環境(IPv4)、コントローラーとクライアント間で、基準ポート番号(9777)を中心として、+-30の範囲のポートがオープンになっている必要があります。(双方向)アプリケーションが利用する基準ポート番号を変更することは出来ません。Windowsファイアウォールについては、インストール時に例外として自動登録されます。

※電源の遠隔投入機能を利用は、ブロードキャストパケットが通過出来ること。
※画像の配信機能などを利用は、IPマルチキャストパケットが通過出来ること。
※無線LAN環境における運用は、パフォーマンス等の影響により、機能によっては正常に動作しない事があります。



製品パンフレットダウンロード

ミマワリの製品パンフレット・概要説明書・マニュアルがダウンロードできます。※ PDFファイルをご覧頂く為には Acrobat Reader が必要です。

ミマワリのパンフレットです。ダウンロード